大人ニキビとニキビ跡について詳しく書いています!

投稿日:

大人ニキビの怖さとは?

一般的に”ニキビ”と呼ばれる吹き出物は、皮膚に溜まってしまった脂肪分である「皮脂」の部分に、それを栄養としてアクネ菌が繁殖してしまう事が原因です。

思春期に出来るニキビも、30代40代になって出来るニキビも、この基本的なメカニズムは一緒です。

ですが、皮脂が溜まってしまう原因については、思春期と大人で大きく違ってくるのです。

思春期の場合、単純に皮脂がたくさん分泌されているため、皮膚の表層に皮脂が残りやすい、という分かりやすい理由になっています。

ところが20代後半~の大人ニキビになると事情がもっと複雑で、

・基礎代謝力の低下

・ストレス、生活習慣の乱れ

・メイク汚れの蓄積

・ホルモンバランスの変化

・角質層が厚くなり、毛穴が細くなってしまう

……など様々な状況が重なって、慢性的な皮脂汚れが残ってしまいがちです。

こんなふうに原因が複雑に重なっている事が、大人ニキビを治りにくいものにしている大きな理由のようです。

ニキビ洗顔はファーストクラッシュがおすすめです☆

ここちらの記事も良ければ見てみてくださいね!

ファーストクラッシュの口コミや効果に騙されるな!体験談を暴露します!

治りにくい、治しにくい大人ニキビ

皮膚表面に皮脂が残りやすい思春期ニキビと違って、大人ニキビは毛穴の奥深く、古い角質層にがっちりガードされた場所に皮脂が残ってしまう状態がほとんどです。

特に、頬の部分は皮下脂肪が多く、角質層も厚くなりがちなために”根の深いニキビ”が出来てしまいます。

こういうニキビが治りにくいのは言うまでもなく、また患部が深く大きくなってしまうので、治ってからもニキビ跡が大きく目立ってしまうケースが多いでしょう。

さらに、こうしたニキビは「再発しやすい」のも怖いところ。

頬のような目立つ場所ならなおさらのこと、大人ニキビが重症化してニキビ跡になってしまう前に、早めに対処しておきたいですね。

早め早めのニキビケアを!

ニキビ対策にもっとも効果的なのは、アクネ菌の栄養源である「皮脂」を溜めないこと。

そのためには、日頃からのこまめな皮脂のケアが必要です。

特に、お肌の保湿は大事なポイント。

乾燥肌の人は角質層が厚くなり、その奧に閉じ込められた皮脂を除去しにくくなってしまいます。

その他にも、

・メイク汚れはしっかり落とす

・ビタミンA、ビタミンCをしっかり摂取

・睡眠をしっかり取って、ストレスを溜めない

・ニキビケア製品は大人用のものを選ぶ

 (思春期用製品→肌を乾燥させて治す 大人用製品→保湿効果がある)

こうしたポイントをしっかり抑えて、ニキビ跡ができないように早め早めのニキビ対策を続けていきましょう。

凹凸クレーターになってしまったニキビ跡の治し方

色素沈着タイプと違って、治しにくいのがこの凹凸タイプのニキビ跡です。

ここからはこのタイプのニキビ跡はどういう症状なのか、なぜ治しにくいのか、そして治すにはどうすればいいかについて言及していきます。

凹凸タイプができる理由

こうした凹凸タイプのニキビ跡は、色素沈着タイプとは異なり、ニキビによって引き起こされた影響が真皮にまで及んだときにできてしまいます。

表皮に皮脂が溜まる程度のニキビではこうはなりませんが、ニキビの進行具合によっては肌の奥底まで炎症が広がることがあるのです。そして炎症によって傷ついた細胞が皮膚の中に溜まってしまうことにより、皮膚が盛り上がり、凸タイプのニキビ跡になってしまうのです。

また凹タイプのニキビ跡も似たような経緯でできてしまいます。

本来、ダメージを受けた真皮はリンパ液を排出し、老廃物や死滅してしまった細胞を一緒に対外に出そうとします。

またそれと同時に繊維芽細胞が働き、コラーゲンを作り出して肌の弾力を保とうとします。

ところがニキビの炎症によるダメージはこれだけで回復できるものではなく、肌が完全に元通りになる前に、ダメージを受けた部分に角質が形成され、結果、凹タイプのニキビ跡となってしまうのです。

凹凸タイプはなぜ治りにくい?

表皮に色素が沈着しているだけのニキビ跡と違い、この凹凸タイプの特徴は、表皮の下の真皮まで傷ついているのが特徴です。

ターンオーバーで修復する表皮とは異なり、この真皮は自己修復することはありません。

また、凹凸タイプのニキビ跡には細胞の死骸や角質が溜まっており、非常にニキビができやすい状態になっています。

治る過程でまたニキビができて、またニキビ跡になり…。

この繰り返しも凹凸タイプのニキビ跡を治しにくい一因となっています。

凹凸タイプのニキビ跡を治すには?

先ほども言ったように、一度真皮の皮膚細胞が破壊されると、もはや自己修復することはなく、治すのは非常に困難といえます。

ただし、自己修復はできなくても皮膚組織を活性化させることで、肌の凹凸を少なくし、ある程度回復させることは十分に可能です。

そのために必要なのは、真皮の皮膚細胞を活性化させることですね。

凹タイプのニキビ跡ができる理由の部分で触れましたが、真皮の皮膚組織の回復を促進させるためには、リンパの働きを活発にし、コラーゲンを補充すればよいのです。

ですから、日常的にコラーゲン配合の化粧品などでケアしていくことが、凹凸タイプのニキビ跡を治すのに最も適しているといえるでしょう。

色素沈着してしまったニキビ跡の治し方

ニキビ跡には大きく分けてふたつのタイプが存在します。

それは「色素沈着タイプ」と「凹凸タイプ」です。

まず、ここでは色素沈着タイプのニキビ跡について詳しく説明しましょう。

色素沈着タイプのニキビとは?

ニキビ跡が黒ずんでしまったり、紫がかった色になってしまったりするニキビ跡のことです。

こうしたニキビ跡はどうしてできるのでしょうか。

・紫がかったニキビ跡はヘモグロビンのせい

ヘモグロビンとは、血管の中で酸素を運ぶ役割をする物質です。

真皮にまでダメージが及んだニキビをつぶすと、血管が破れてしまい、血液に含まれるヘモグロビンが皮膚に沈着してしまうのです。

ちなみに、ヘモグロビンは、本来赤色をしているもの。

しかし、これは酸素と結合しているためで、酸素を失って皮膚に沈着する際には、紫色になってしまう性質があるのです。

そのため、ニキビ跡は紫がかった色になってしまうのですね。

・黒っぽいニキビ跡はメラニンのせい

黒っぽい褐色のニキビ跡に影響しているのはメラニンという色素です。

メラニンといえば、肌の老化によるシミ、日焼けなどの原因となる物質で、

みなさんもよくご存知ではないでしょうか。

実はこのメラニンはニキビ跡にも大きく影響しているのです。

そもそもメラニンとは、肌が何らかの刺激を受けた際に作られ、肌を守る役目をしているものです。

ニキビの場合ですと、真皮にまで達したニキビの炎症から肌を守るために作られる、ということになりますね。

普段の生活では、メラニンによって肌に色が沈着するということはないのですが、あまりにダメージを受けすぎると活発に働きすぎて、その結果、色がついてしまうのですね。

こういった色素沈着タイプのニキビ跡は、原因となる物質の差こそあれ、程度としては軽いもので、ほかのニキビ跡よりも比較的簡単な治療が期待できます。

では次にこうしたニキビ跡のケア方法を紹介しましょう。

色素沈着タイプのニキビ跡はどうやって治す?

こういった色素沈着タイプのニキビ跡は、肌のターンオーバーで薄くしていくのが一番。

しかし、日常的に行われるターンオーバーでは劇的な効果は望めません。

そこで、シミや日焼け跡のケアと同じく、ターンオーバーを促進するためのものを摂取するのが一番ですね。

効果があるといわれているのは、

・コラーゲン

・ビタミンC

・ヒアルロン酸

などなど。

コラーゲンやヒアルロン酸を含む化粧品でお肌を保護し、

ビタミンCの摂取を心がける食生活などで、ニキビ跡は徐々に回復していくでしょう。

また同時にビタミンC誘導体を含む化粧品もあわせて使えば、より効果的かもしれませんね。

-未分類

Copyright© ファーストクラッシュの口コミや効果に騙されるな!体験談を暴露します! , 2019 All Rights Reserved.